公式アプリ

下町ボブスレー

模試

クエバス

会長挨拶

 この度、一般社団法人日本看護学教育学会第26回学術集会の会長を拝命し、2016年8月22日(月)・23日(火)、京王プラザホテル(東京都新宿区)にて行う運びとなりました。
 今回、学術集会メインテーマを「新たな時代を動かす看護学教育の『知』の共鳴」と致しました。今、私たちは、少子高齢、多死社会の中に在り、地域包括ケアに代表される保健医療福祉の境界を越えた連携を求められています。社会全体の『知』が鳴動する中で、看護学教育はその動きを受動しつつ、基礎教育と継続教育の相互交流をさらに推進し、互いの『知』を交換し、共鳴し、新たな『知』を創造する時を迎えていると思います。基礎教育・継続教育に携わるすべての看護職が、人びととともに、能動的に変革を成し遂げていこうという動きを生み出す学術集会としたいと考え、設定致しました。
 プログラムでもこのメインテーマに沿った教育講演・シンポジウムを企画し、多くの会員が集まる学術集会となるよう鋭意準備する所存です。また、市民公開講座では多くの人々への発信をさせていただき、展示や共催セミナーによる関連企業様との関連企画も充実させて行きたいと存じます。
 是非、会員の皆様の積極的なご投稿・ご参加をお待ちしております。


一般社団法人日本看護学教育学会第26回学術集会
会 長 佐藤 紀子
(東京女子医科大学看護学部 教授)